目の下のたるみを改善|名医にお願いする手術は安心できる

先生

しっかりと開くまぶたに

フェイス

美容と日常生活

名医による治療を希望する人は多いですが、眼瞼下垂の治療においては、特に名医を望む声が多いです。なぜなら眼瞼下垂は、美容だけでなく、日常生活にも支障を来たすことになるからです。具体的には、まぶたをスムーズに持ち上げることができなくなり、目がしっかりと開かなくなります。それにより、パッチリとした目には見えにくくなりますし、視界が狭くなることで物をよく見て確認するということが困難になるのです。しかし名医による治療を受ければ、パッチリと開いた魅力的な目元にしていくことができるだけでなく、視認もおこないやすくなります。美容と日常生活の両方において、高い効果が期待できるため、名医の治療には高い需要があるわけです。

眼瞼挙筋のたるみ

眼瞼下垂は、まぶたの内部にある眼瞼挙筋がたるんでしまうことが原因となっています。まぶたは眼瞼挙筋によって開閉するので、これがたるめば持ち上がりにくくなります。そのため眼瞼下垂の治療は、眼瞼挙筋を縫い縮めるという方法でおこなわれています。そうすることで、弱い力を加えるだけでも、まぶたはスムーズに開くようになるのです。眼瞼下垂の状態でも、強い力を加えれば、まぶたを持ち上げることは可能です。しかしその場合は、過剰な力が入ることで眉根や額の部分にしわが寄ってしまうこともあります。目はパッチリと開いても、その上の部分で美容トラブルが生じてしまうわけです。しかし名医による治療を受ければ、以後はそういったトラブルは起こりにくくなります。眼瞼下垂は高齢になるほど生じやすくなるので、高齢化が進んでいる現在では、眼瞼下垂に悩む人は増加しています。だからこそ名医を望む声も、増えてきているのです。